2018年6月22日金曜日

デザイン、コスト、サスアラ講座


久し振りにブログを書かせていただきます、1年の今泉です。
富山大学フォーミュラプロジェクトは、先日無事デザインレポート、コストレポートを提出しました。
期限内に提出出来て本当に良かったです。

さて、話は変わりますが、6月16日にツインリンクもてぎでサスアラ講座を受けました。
今回の講座では、足まわりであるホイールとその特性について教わりました。事前にサスペンションについて先輩から教わったり、キャンバー角やトレッド角など分からない用語を本やネットで調べたりしたのですが、講師の方々の豊富な経験と知識に圧倒されました。

実技では、常盤の設置の仕方や、トーインゲージやCCKゲージなどの用具を使った、トー角、キャンバー角の測り方などを教わりました。普段使わない装置の使い方も学ぶことができたので、他のメンバーにも伝えようと思います。

今回指導してくださったマイスタークラブの皆様、貴重な時間をありがとうございました。





投稿者:今泉

2018年6月4日月曜日

ドライブシャフトを支援していただきました

こんにちは。
先日NTN株式会社様よりご支援していただいた
等速ジョイントが到着しました!





昨年は車検を通過したものの、動的審査に進むことが出来ませんでした。
2018年マシンTF-03は動的審査出走に向けマシンを作り上げていきます。

NTN株式会社様のHPはこちらです。



投稿者:シャシー班T.H

2018年5月25日金曜日

隙間風が通るカウル雄型

こんばんは。
予告通り隙間風が通るカウル雄型をお届けします。

TF-03カウルですが現在雄型の製作を鋭意行っています。
が……



ノーズ部分がこちら。
よーく見ると

 隙間が空いています…
重ねて貼るときに少しづつずれていたようです。
仕方がないので一番下の1枚を抜き全体的に削って合わせています。



昨日(24日木曜)にはノーズの全体像が見えてきました。


まだサイドの切り出しも終わっていませんが、メンバーの協力を仰ぎ、削り作業と並行して行いたいものです。




投稿者:シャシー班Hashigaya

2018年5月23日水曜日

リフトオフ!

こんばんは!
メンバー数名風邪でダウンしております。
はしかではないので一安心です。

23日㈬22時頃マシンフレームを溶接治具より降ろしました!


 1年生に六角レンチやラチェットの使い方を教えつつ…


フレームを持ち上げ…


溶接治具として使用していたNICフレームをガレージから移動させ…


フレームが分離しました!
これで裏面の溶接を進めることができます。
5月残り1週間と少し。
週末にはエンジンマウントを溶接したいところです。
コスト、デザイン、ビジネスロジックケースといった提出書類も盛りだくさん。
各員体調管理に気を付けて作業をしていきます。



次回更新予定 2018/05/25 20:00 『隙間風が通るカウル雄型』
お楽しみに。





投稿者:シャシー班メガネ

2018年5月21日月曜日

株式会社冨士精密様にご支援頂きました

こんにちは。

本日は株式会社冨士精密様からUナットのご支援頂きました。
サスペンションアームやブレーキ、ステアリングといった部品の固定に使用させていただきます。




株式会社冨士精密様、この度はありがとうございました。


士精密株式会社様HPはこちら
http://www.fun.co.jp/




投稿者:シャシー班Hashigaya

2018年5月16日水曜日

チャレンジ講座基礎編

こんにちは。
初のブログで緊張している1年生です。

5月12,13日に早稲田大学で行われたF-SAEチャレンジ講座、基礎編では
学生フォーミュラに参加する目的や意義の基礎知識を教わりました。

具体的には、学生フォーミュラの先輩たちの体験談や
マイスタークラブの方々のコンセプト立案、パッケージレイアウトを学びました。

まだまだ分からないことばかりですが、頂いた資料を使って
一生懸命勉強していきたいと思います。




投稿者 今泉


2018年5月10日木曜日

スチロ化学工業株式会社様にご支援頂きました

こんにちは。
GWも何のその。フレーム本溶接を進めておりましたTUFです。
新メンバーも7名加入し、遅れを取り戻すべく日々活動しています・


本日はスチロ化学工業株式会社に発泡スチロールをご支援頂きました。


これらは2018年度マシンTF-03のカウル雄型に使用させていただきます。
今後1,2年生を中心に雄型製作をしていきます。
スチロ化学工業株式会社様、この度は誠にありがとうございました。

スチロ化学工業株式会社様のHPはこちら
http://www.hokurikukasei.co.jp/kanren/index.html

投稿者 Hashigaya